プロ野球とオフ会と私

田中広輔はなぜ打てない!不調の理由はエラー?フルイニング出場も危うい2019年!打開策は?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!主に12球団のプロ野球のブログを書いている者です。

今回は2019年シーズンが開幕して35試合以上が経過しましたが、ゴールデンウィークが終わった今も打率が
.164入団以来ワーストの成績となってしまっている広島カープの田中広輔選手について書いていきたいと思います。
2016-2018年の広島V3を支えた1番打者でもあり、”タナキクマル“と評された最強の1.2.3番トリオの一人が何故こんな絶不調・スランプに陥っているのでしょうか?
エラーの多さや現在続いているフルイニング出場の件についても話していきたいと思います。

田中広輔が打てない理由はボール球を振り過ぎか?

広島が4月開幕ダッシュに失敗し低迷した理由の1つとして田中広輔の不調も挙げられるでしょう。

一時期よりはマシにはなってきていて36試合消化で17勝18敗 借金1で4位という位置をつけています。

これまでの広島ならこの時期で5-10位の貯金をしていてもおかしくないはずですが、やはりリーグ最下位のチーム打率.230がとても気になる所です。

打てない理由として野球解説者の安仁屋氏や井端氏が指摘しているのはボール球を今年はたくさん振ってしまっているということ。初球から積極的にいくのが”あだ”となっているのかワンバウンドの球まで手を出していて、自分が打てるコースをしっかり打っていないところがあるようです。実際四球数はそこまで悪くはなく、16個と不調の割には稼げている方といえます。元々打率がそこまで高い打者.260そこそこの打者ですが、四球数も含めて価値が出る打者なので、球の見極めというのが今後復調する上で大事となりそうです。

交代も近い?現在フルイニングの記録を断つ決断は緒方監督次第?

あと気になるのはフルイニング出場の部分でしょう。2016年-2018年の3年間は143試合全試合に出場しました。

603試合続いているフルイニング出場も阪神の鳥谷の記録が667試合なので64試合試合に出続ければ記録達成とはなりますが、広島ファンからは”広輔を引っ込めて曽根を使え”という声も根強いようで、緒方監督もこれ以上不振が続くようだとチームの影響もあるのでそろそろ決断のし時ではないでしょうか?

緒方監督もどちらかというと頑固なタイプなので、原監督のように不振の選手をすぐにスタメンから外し二軍に落として調整させるある意味冷酷さといいますか、厳しさは必要なのかと思いますね。

実はエラーが多く守備は下手なの?二軍降格も

失策数も今年はチーム全体でも圧倒的に多く、田中も令和最初のエラーと話題となったように1試合2失策を記録するなど、既に5個でどうも守備の安定感が今年は欠けているようです。

去年は失策が年間で7個と安定感を誇っていただけにこのペースですと年間20失策ペースなので、まずは守備の安定からしっかりして欲しい所です。

元々遊撃というポジションは他のポジションに比べるとどうしても失策が増えやすいポジションではありますし、2015年は22失策を記録するなど、元々はセリーグの遊撃手では失策数の多い選手でしたが、年々数を減らしてきました。

このように打撃だけでなく守備も不安定なようだと二軍に落とされてしまう可能性も出てきてしまっています。

田中の特徴は出塁率は高いが盗塁は下手?

元々田中選手の特徴としては一番打者としては四球数が多い事が特徴として挙げられるでしょう。年間で平均70-80後半の四球数を稼いでいました。それだけ田中が塁に出れば足で掻き回せますし、単打でも得点することができます。打率が低くても使って貰えた要因としては出塁率が1番打者としてちゃんと.350以上をマークできていたからでしょうね。

そして田中の持ち味としては盗塁数の多さも挙げられます。2016年-2018年の3年間の平均盗塁数が30個なので

やはりリーグ屈指の脚力と言えるでしょう。しかし実は失敗も結構多く、去年は45回盗塁を試みて13個失敗しています。ヤクルトの山田哲人などと比べると成功率は低いといえますが、盗塁数の多さは田中の魅力でもあるので、たとて失敗しても積極的に次の塁を狙う姿勢は良いと思います。しかし今年は出塁率が低い為、その脚力が活かせていないのが残念なのですが…

まとめ

と田中広輔選手の今年の不振の原因フルイニングの記録の話、守備とエラー出塁率と盗塁数の話をさせて頂きました。やはり田中選手との特徴として積極性というのが一番の武器ではないでしょうか?

一番打者として一番チャレンジできる数が多い打順ですから失敗は増えるでしょう。野球は失敗のスポーツであるという原点に立ち返り、その失敗をどう活かすか。質の良い失敗をするには。もうそう言うことを考える段階の選手だと思いますし、さらにワンステップ上の階段を目指して欲しいなと思いますね!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© ひらっちの12球団野球ブログ , 2019 All Rights Reserved.